2017年12月一覧

北弘電社<1734>のフィスコ二期業績予想

小型風力発電機に参入。筆頭株主の三菱電機と特約店契約を結ぶ。収益は下期偏重。18.3期2Qは赤字幅縮小。 手持ち工事の消化が進む。太陽光関連工事の受注環境は厳しいが釧路で大型受注(26億円)を獲得。18.3期は利益反発へ。19.3期は釧路の案件が下支え。風力関連にも期待。株価は指標面の割安感からジリ&nbsp;......

日本工営<1954>のフィスコ二期業績予想

既存の電力設備の老朽化に伴う改修需要や水力発電設備の更新・新設需要を見込む。またアジアを中心にインフラ需要が継続する見通し。株価は好業績を背景に調整から上昇基調へ。 会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当 18.6期連//115,000/8,000/8,000/5,000/317.12/75.00...

九州見つめ ともに歩む 2018年紙面展開

九州各地の地域づくりや人々の多様な営みに光を当てる「ここで生きる」。1月の連載を皮切りに、記者が農山漁村や都市に出向き、住民や本紙の有識者ネットワークと一緒に九州の明日を考えます。 ○九州経済、多様に. 間近に迫った九州電力玄海原子力発電所の再稼働、金融機関の再編問題、九州各地で進む都市再開発....

福島県楢葉町唯一の小料理屋「結のはじまり」年末年始も休まず営業 「帰省した人たちに寄ってもらえたら」

東日本大震災と福島第一原子力発電所の影響で一時期全町民が避難した楢葉町は、2015年に避難指示が解除され、現在は震災当時の人口の約25%にあたる約2000人が町に戻っている。また同町には、福島第一原発の廃炉や町内の復興事業のため、町民と同じかそれ以上の作業員が居住していると言われている。...

新設G1ホープフルSは売り上げが100億円突破 クラシックの登竜門として定着か

低コスト化の見通し立つ「太陽光・風力発電」なぜ普及しない? まいじつ 12月29日(金)19時0分 &middot; <大学設置審>「加計、新設条件満たさず」 複数委員が認識. 毎日新聞 12月29日(金)7時0分 &middot; 全国の国営公園、4/1より子ども入園無料…2日間通し券も新設. リセマム 12月28日(木)16時15分 &middot; 宇都宮エリアでの事業展開を&nbsp;......

新設G1ホープフルSは売り上げが100億円突破 クラシックの登竜門として定着か

低コスト化の見通し立つ「太陽光・風力発電」なぜ普及しない? まいじつ 12月29日(金)19時0分 &middot; <大学設置審>「加計、新設条件満たさず」 複数委員が認識. 毎日新聞 12月29日(金)7時0分 &middot; 全国の国営公園、4/1より子ども入園無料…2日間通し券も新設. リセマム 12月28日(木)16時15分 &middot; 宇都宮エリアでの事業展開を&nbsp;......

三重交通グループホールディングス<3232>のフィスコ二期業績予想

流通やレジャー・サービスにも展開。穴川メガソーラー発電所の運転開始で環境エネルギー事業を拡大。18.3期2Qは増収減益。 マンション販売が予定より順調に推移し、販売経費の抑制で採算が改善。注力中の太陽光発電やビジネスホテルが好調な推移。主力の運輸事業も乗合バスを中心に底堅い。18.3期は増収増益へ。...

2017年、中国の貧困人口は1000万人以上減少

これと同時に2017年は、産業の発展による貧困脱却が急速に進み、特にEコマースや太陽光発電、観光業などが大きく貢献しています。このうち健康面で貧困脱却を目指すプロジェクトでは、重病や慢性病の患者421万人に治療を行い、医療費の公費負担割合を80%にまで引き上げました。また、倒壊の恐れがある家屋に&nbsp;......

天然ガスの「吸血鬼」北京 この冬の供給は足りるのか

実は、暖房用ガスの大躍進だけでなく、今年、北京は神業のように火力発電所を全部閉鎖しており、現在、現地発電はほとんどをガスに頼っているのだ。 しかし、深刻な「ガス恐慌」が起きた時、中央政府はCNPCに一切の代価を惜しまず、北京にガスを供給するようにさせるだろうが、河北省はや北方の他の省については誰もが「&nbsp;......

スポンサーリンク
トップへ戻る