2017年12月07日一覧

ドローンで火力設備点検 関電、19年度に実用化

関西電力は2019年度をめどにドローンを使った火力発電所の設備点検を実用化する。まず舞鶴発電所(京都府舞鶴市)と姫路第2発電所(兵庫県姫路市)で始める。人手不足による点検の効率化が課題となっており、水力を含む他の発電所や送配電に使う架線の点検での実用化も目指す。 発電設備の定期点検などで使う。...

知らないと、永遠に信号が渡れないかも・・・日本の街を歩くうえで理解が必要な交通ルール=中国メディア

このため、日本の自転車にはみんなライトがついているのだが、多くは電池式ではなくペダルを漕いで車輪と一緒にモーターを回す人力発電式。坂道などはものすごく疲れるのだ。幸い、今は電池式のライトも増えている」とした。 また、住宅地では自動車の徐行が徹底されていることを紹介。前に歩行者がいる場合もクラクションを ......

知らないと、永遠に信号が渡れないかも・・・日本の街を歩くうえで理解が必要な交通ルール=中国メディア

このため、日本の自転車にはみんなライトがついているのだが、多くは電池式ではなくペダルを漕いで車輪と一緒にモーターを回す人力発電式。坂道などはものすごく疲れるのだ。幸い、今は電池式のライトも増えている」とした。 また、住宅地では自動車の徐行が徹底されていることを紹介。前に歩行者がいる場合もクラクションを ......

福島第一3号機、プール内の燃料取り出しへ準備

東日本大震災で炉心溶融(メルトダウン)と水素爆発が起きた東京電力福島第一原子力発電所3号機に7日、取材に入った。 使用済み核燃料貯蔵プールがある原子炉建屋の最上階(地上36メートル)に立つと、ドーム型の屋根やクレーンが設置され、プール内の燃料566本の取り出しに向けた準備が進んでいた。 水中のがれき ......

中部電、浜岡再稼働へ「3つの課題」

中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の再稼働に向け、3つの課題が浮上している。第1に地震と津波の想定規模がまだ確定せず、地震や津波に対する安全対策の規模が見通せない。原子力規制委員会による安全審査も進んでいない。さらに審査に合格しても地元自治体の同意が必要だ。原発が稼働すれば燃料 ......

火力発電プラントの海外営業

火力発電プラントの海外営業の転職・求人情報 6711924。プロのコンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。年収800万円以上の高年収、管理職、スペシャリストの求人、非公開求人スカウトも多数。...

七尾に大規模な太陽光発電施設が完成

再生可能エネルギーが注目される中、七尾市に大規模な太陽光発電施設が完成し、7日から送電を開始した。 冬の柔らかい日差しを受け、輝きを放つソーラーパネル。ことし1月から七尾市中島町で建設が進められてきた「七尾瀬嵐メガソーラーパーク」で、1万4000枚あまりの太陽光パネルが敷き詰められている。「大竹電機」 ......

主要261社経常益、18年度10.1%増 QUICK調べ

QUICK企業価値研究所は7日、主要261社(金融除く)の2018年度の経常利益が17年度予想比で10.1%増えるとの見通しを発表した。9月公表の前回予想 ... 電力・ガスは原油高による原燃料価格の上昇に加え、神戸製鋼所の検査データ改ざん問題で、原子力発電所の再稼働時期が延期となることが影響し、減益になり ......

太陽光、農業とセットで 国内最大級 リニューアブル・ジャパンなど、岩手で

自然エネルギー関連の金融商品を手掛けるリニューアブル・ジャパン(東京・港)は農地を使った太陽光発電を始める。岩手県で営農中の畑で発電所の建設を始めた。畑に柱を立て頭上にパネルをつけるため、農業が継続できる。この形の発電所として国内最大級という。農地は日当たりが良く、発電に向く。 開発費は約20億円 ......

スポンサーリンク
トップへ戻る