2017年11月一覧

電力取引のサイバーセキュリティもガイドライン改定 通信暗号化など

経済産業省は、太陽光発電・蓄電池・デマンドレスポンス(DR)など需要家側のエネルギーリソースを活用したエネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネス(ERAB)において、各事業者が取り組むべきサイバーセキュリティ対策を示したガイドラインを改定した。 今回の改定では、送配電事業者システムとの連携に関するERAB ......

電力取引のサイバーセキュリティもガイドライン改定 通信暗号化など

経済産業省は、太陽光発電・蓄電池・デマンドレスポンス(DR)など需要家側のエネルギーリソースを活用したエネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネス(ERAB)において、各事業者が取り組むべきサイバーセキュリティ対策を示したガイドラインを改定した。 今回の改定では、送配電事業者システムとの連携に関するERAB ......

鶏舎に太陽光、汚れが付着しにくい「防汚パネル」採用

すでに同農場では出力250kWの太陽光発電システムを導入していたが、パネルに羽毛や汚れが付着しやすく、パワーコンディショナー(PCS)の定格出力250kWのところピーク時でも150~175kW程度しか発電できていなかった。今回、加茂川啓明電機が追加で178kWを設置し、250kWを出力できるようになったという。...

住商、再エネ用蓄電池の利用拡大 18年から一般販売も

住友商事は電気自動車(EV)の使用済み蓄電池を再利用して太陽光発電設備と一体で利用できるシステムを長崎でも導入する。既に鹿児島で実証実験を進めていたが、システムの商品化のめどがついた。電力コスト削減を検討する工場などに2018年から販売を始める。 システムは住商と電子機器製造などを手掛ける日本 ......

住商、再エネ用蓄電池の利用拡大 18年から一般販売も

住友商事は電気自動車(EV)の使用済み蓄電池を再利用して太陽光発電設備と一体で利用できるシステムを長崎でも導入する。既に鹿児島で実証実験を進めていたが、システムの商品化のめどがついた。電力コスト削減を検討する工場などに2018年から販売を始める。 システムは住商と電子機器製造などを手掛ける日本 ......

福島原発2号機の格納容器 来年1月にも内部調査

東京電力福島第一原子力発電所の事故で溶け落ちた核燃料の取り出しに向けて、格納容器の内部の状態を詳しく調べるため、東京電力は、2号機の格納容器の底にカメラをつり下ろして撮影する調査を来年1月にも行う方針を明らかにしました。 続きを読む. 福島第一原発の1号機から3号機では、格納容器のなかで、溶け落ち ......

老後の資金づくりに 太陽光投資の「全額融資プラン」スタート

太陽光発電事業などを展開する株式会社エコスタイルは、太陽光投資の「全額融資プラン」の提供を12月1日から開始することを発表した。 太陽光投資は、 ... 全額融資プラン」を活用すれば、太陽光発電を設置する屋根や土地を持っていない人でも、自己資金0円から太陽光投資をスタートすることができる。一度、太陽光発電 ......

老後の資金づくりに 太陽光投資の「全額融資プラン」スタート

太陽光発電事業などを展開する株式会社エコスタイルは、太陽光投資の「全額融資プラン」の提供を12月1日から開始することを発表した。 太陽光投資は、 ... 全額融資プラン」を活用すれば、太陽光発電を設置する屋根や土地を持っていない人でも、自己資金0円から太陽光投資をスタートすることができる。一度、太陽光発電 ......

スポンサーリンク
トップへ戻る