2017年10月10日一覧

原発巡り対立鮮明 自「活用」希・立「ゼロ」

また、電力を火力発電に頼れば、温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」で約束した「温室効果ガスを30年度 ... ニッセイ基礎研究所の井出真吾チーフ株式ストラテジストは、「与党勝利で消費増税となれば、海外投資家は財政改善効果を評価する。...

展望なき原発議論 与野党対立も議論深まらず

一日も早い原発ゼロを掲げる立憲民主党も、対策は再エネ・省エネの投資拡大と分散型エネルギー社会の実現で、新味に乏しい。 天候で左右される再エネの導入を増やせば出力の変動を火力発電で補う必要性も増し、燃料の輸入費用は電気代に ......

スポンサーリンク
トップへ戻る