揚水一覧

九電管内、太陽光発電による発電量が受け入れ限界に近づく

九州電力の「九州本土における再生可能エネルギーの導入状況と優先給電ルールについて」によると、九州地区内で電力の供給力が需要を上回った場合、まずは九州電力の火力発電所の出力抑制を行ったり、本来余剰電力の多い夜間に行う揚水発電所での水のくみ上げを昼間にも実施するなどして対応を行い、それでも ......

農業・畜産・灌漑省大臣、揚水プロジェクトや農業科学研究所などを視察

4月20日、農業・畜産・灌漑省のAung Thu大臣は、カレン州パアンの農民と面談し、農家が協力して働く必要性や、法律に従って、協同組合を作るための支援、農民が農業機械を所有して使用する方法、現在の農業技術や手法を提供する作業の拡大などについて議論した。ミャンマー情報省が4月25日、報じた。 そして、夕方 ......

九電管内、太陽光比率が最大8割に、出力制御の準備は最終段階

九電では、昼間低負荷期に太陽光からの出力が伸びる場合の下げ代対策として、2015年から本格的に揚水発電所の昼運転(くみ上げ)を行っている。その回数は、2015年の584回から、2017年には1264回に急増している。今年4月8日には、全台数の揚水を運転しても、さらなる太陽光出力への対応余地は100万kWしか ......

エネ計画 議論尽くしたか 経産省審議会の骨子案判明

原子力より再生エネのコストのほうが安いと言われるのは明らかに間違っている」 (二月二十日、地球環境産業技術研究機構の秋元圭吾氏). 「原発は安い」の根拠は政府が ... だが、これらの負担は再生エネ発電所の建設や運営に使われ、二酸化炭素(CO2)排出を削減する「投資」でもある。関西学院大の朴勝俊教授(環境 ......

揚水発電所が太陽光発電導入の支えに ただしコスト高、利用には工夫が必要

森林文化協会が発行している月刊「グリーン・パワー」は、森林を軸に自然環境や生活文化の話題を幅広く発信しています。4月号の「環境ウォッチ」では、天候などに左右される太陽光発電など、自然エネルギーによる発電量の変動をカバーできる「揚水発電所」の利用現状について、環境ジャーナリストの竹内敬二さんが報告し ......

再生可能エネ 主役に起用するのなら

そのために、太陽光と風力を最優先で利用してもらい、足らない分を揚水発電やバイオマス発電などで補うよう、電力の供給体制も変えてきた。 「主力電源」とうたうからには、少なくとも現行を大幅に上回る導入の数値目標、そして、基幹送電線への優先接続など給電システムの改革案を具体的に明示すべきなのである。...

東電エリアへの融通指示、「電源Ⅱ」不足が一因/広域機関

寒気や降雪で30年ぶりの低気温となったこの時期は、想定を超える高い需要に対し、火力発電の計画外停止、太陽光パネルの融雪の遅れによる不足インバランスの発生という事象が重なり、上池への復水が十分にできないまま調整力の揚水発電を多用。エリアで3%の必要予備率を確保できなくなり、広域機関の連日の融通 ......

スポンサーリンク
トップへ戻る