揚水一覧

揚水発電

寒波で東電エリアが2週間、需給逼迫状態に。ここから得られる教訓は?

ピーク時の供給を支える火力発電所のトラブル停止が要因の一つだが、背景を探ると雪による太陽光発電の出力低下、エリア内融通の可能性など、今後の教訓になり ... 万キロワット見込める太陽光出力が予想を超えて大幅に落ちたことにより、平日昼間に発電出力と発電電力量の両面で、揚水発電所にかかる負担が増した。...

【電子版】三井物産の17年4-12月期、当期益63.6%増

事業部門別では、金属資源が同2.3倍の2293億円と大きく利益を伸ばしたほか、機械・インフラも英国の揚水発電所の売却益などで同52.2%増の790億円と業績をけん引した。 これに伴い、18年3月期の業績見通しを上方修正し、当期利益を従来予想の4000億円から4400億円に引き上げた。当期利益は通期としても ......

EVの普及と自動運転の実現は、電力と運輸のネットワークを融合する!

既存メーカーに加えてGoogleなどIT企業やUberなどの新興企業も、新たに創出される市場への参入を狙って大規模な開発投資や、スタートアップ企業の積極的 ... 現在は火力発電や揚水発電が主な柔軟性資源であるが、再エネの導入可能量を増加するためには、需要サイドのDERや蓄エネルギー装置の活用など手段の ......

雪で暖房 電力厳しい「無理ない範囲で節電」呼びかけ 東電

このため東京電力は1日、ほかの電力会社4社から過去最大規模となる最大263万キロワットの電力の融通を受け、ピーク時に備えて、水をくみ上げて発電する揚水発電に回すなど供給力の確保を進めています。 東京電力は2日も引き続きほかの電力会社から融通を受けることにしていて、ピークの時間帯には5299万 ......

「無理ない節電を」東電が雪による暖房需要増加で呼びかけ

このため1日午後4時以降、ほかの電力会社から最大263万キロワットの電力の融通を受け、ピークに備えてくみ上げた水で発電する揚水発電用に回すなど供給力を増強しています。 これにより2日のピーク時間帯には5299万キロワットの供給力を確保し、供給力に対する需要の割合を示す「使用率」は96%程度になるとし ......

寒波襲来で電力需給が逼迫。東京電力PGが広域融通を要請

東電エリア向けに広域融通が行われるのは、2015年4月以来2年9カ月ぶりとなる。22日の大雪の影響で太陽光発電の出力が見込めず、揚水発電も発電可能量 ... 東電PGは今回の融通要請と今後の見通しについて、「24日の需給対応に加え、25日以降も寒波の影響が続くことから、揚水の発電可能量を回復させる必要が ......

東電PG、4日連続で融通受電/厳しい寒気で需給逼迫

◇DR、5日で計8回 東京電力パワーグリッド(PG)エリア内は大雪や強烈な寒気の影響で、22日から26日まで厳しい需給状況が続いた。東電PGは25日、電力広域的運営推進機関(広域機関)に他電力からの電力融通を要請し、25日夜に最大100万キロワット、26日に最大137万キロワットの供給を受けた。暖房需要が ......

電力広域機関=東電PG向けに緊急融通を指示、旧一6社で約600万KW分を融通

... 社に対して、東電PG向けに緊急融通を実施するよう指示を行ったと発表した。23日夜から24日夜にかけて計600万kW分の緊急融通が実施されるもので、強い寒気に伴う需要増加と、これに伴う揚水発電可能量の減少が見込まれたことが要因。さらに、東電管内では火力発電の停止も増え、相対的に供給力が低下している。...

揚水発電を利用した離島への再エネ導入 イエロ島の取り組み(スペイン)

揚水発電を利用した離島への再エネ導入 イエロ島の取り組み(スペイン) (再生可能エネルギー特集). 増澤 勇太. この論文をさがす. NDL-OPAC · CiNii Books. 著者. 増澤 勇太. 収録刊行物. 海外電力. 海外電力 59(11), 53-65, 2017-11. 海外電力調査会. Tweet. 各種コード. NII論文ID(NAID): 40021403825....

【松本真由美の環境・エネルギーDiary】太陽光発電拡大、九電の安定供給策

需給状況が厳しくなった場合は、あらかじめ定められた優先給電ルールにより、九州エリア内すべての火力発電所の出力抑制、揚水発電所での昼間の揚水運転、九州と中国地方を結ぶ関門連系線(50万ボルト)を活用した他電力への送電など、運用上の対応を行います。これらの対策を行っても、供給力が電力需要を上回る ......

スポンサーリンク
トップへ戻る