振動一覧

振動発電

東北大と東北特殊鋼、クラッド鋼板開発 様々な振動から発電する新素材

このクラッド構造によって、鉄・コバルト系磁歪材料単独の場合よりも、数倍から20倍以上の振動発電出力を実験で確認。 加えて、電磁力学場の数値シミュレーションにより増幅機構解明にも成功。増幅の仕組みをモデル化できたことは、今後の実用化研究を加速させる。 身のまわりの生活振動や工場設備などの微小な振動を ......

振動発電の新素材開発で20倍以上の出力、身のまわりやEVの振動を電気に変換

今回開発されたクラッド鋼板は、従来から振動発電素子として知られている圧電素子と比較すると、微小な振動(加速度0.1G、振幅20µm、周波数50Hz)では25倍以上の出力が確認されています。IoTなどの無線センサー用電源としては十分な電力が得られ、破損しにくいという点も特徴です。 また、冷間圧延鋼板をニッケル板に ......

科学技術・大学 ニュース

理工系研究者・技術者のうち、「大学・研究機関で研究室やチームを主宰したい」と思う女性はこの13年間、コンスタントに増え続けている―。男女共同 ... 【仙台】東北大学大学院工学研究科の成田史生教授と東北特殊鋼の研究グループは、圧電素子以上の振動発電機能を持つ複合金属材料のクラッド鋼板を開発した。IoT(モノ ......

振動発電、圧電素子25倍のクラッド鋼板、東北大と東北特殊鋼が開発

【仙台】東北大学大学院工学研究科の成田史生教授と東北特殊鋼の研究グループは、圧電素子以上の振動発電機能を持つ複合金属材料のクラッド鋼板を開発した。IoT(モノのインターネット)センサー用の電源や、省電力が課題の電気自動車(EV)への利用を見込む。 冷間圧延鋼板と鉄・コバルト系磁歪材料の冷間圧延板を ......

振動発電、圧電素子25倍のクラッド鋼板、東北大と東北特殊鋼が開発

【仙台】東北大学大学院工学研究科の成田史生教授と東北特殊鋼の研究グループは、圧電素子以上の振動発電機能を持つ複合金属材料のクラッド鋼板を開発した。IoT(モノのインターネット)センサー用の電源や、省電力が課題の電気自動車(EV)への利用を見込む。 冷間圧延鋼板と鉄・コバルト系磁歪材料の冷間圧延板を ......

圧電素子を超える振動発電機能をもつクラッド鋼板を開発

【概要】. 東北大学大学院工学研究科材料システム工学専攻 成田史生教授と東北特殊鋼. 株式会社(山口桂一郎社長)は、大きな逆磁歪効果注1を示し、振動発電機能を有する. クラッド鋼板注2を共同開発しました。 新開発のクラッド鋼板は、冷間圧延鋼板(SPCC 相当)と FeCo 系磁歪材料注3の冷. 間圧延板とを熱拡散接合 ......

狙うはEVの発電エンジン、鏡像配置で振動極めて少なく

前号ではZメカニズム技研が開発した「XY分離クランク機構」を解説した。今回は同社が試作したエンジンを紹介する。XY分離クランクと鏡像配置を組み合わせることで、2気筒でありながら振動を小さくできる。電動車両のレンジエクステンダー(発電用エンジン)への適用を目指す。 燃費の良いエンジンを実現する方法の一つ ......

九大、高効率な熱電変換を可能にする大振幅原子振動

同成果は、産業技術総合研究所省エネルギー研究部門熱電変換グループの李哲虎 主任研究員と、九州大学大学院総合理工学研究院の末國晃一郎 准教授らの研究グループによるもの。詳細は科学誌「Advanced Materials」にオンライン掲載された。 熱電発電では熱の流れの一部を電気の流れに変換して発電する。...

軽量オート4輪ベビーカーの中で振動吸収No.1 ※1 『ラクーナ ソファークッション』2018年3月上旬 新発売 …

アップリカ・チルドレンズプロダクツ合同会社(本社:大阪市中央区、社長:前田英広)は、軽量オート4輪ベビーカー『ラクーナ』シリーズから、新構造「ソファークッション」により振動吸収No.1※1を実現した『ラクーナ ソファークッション』(https://www.aprica.jp/products/babycar/luxuna/)を2018年3月上旬より全国のベビー用品 ......

高効率な熱電変換を可能にする新しいタイプの大振幅原子振動

再生可能エネルギーの大量導入時代を見据えて、光・熱・振動などを利用する発電技術の研究開発が盛んに行われている。その1つである熱電発電は、熱電材料(固体)を用いて自然熱や未利用廃熱、分散した微小熱を電力として回収する技術であり、省スペース・無振動・長寿命などの長所がある。高効率な熱電発電には、 ......

スポンサーリンク
トップへ戻る