振動一覧

振動発電

フォノニック結晶を用いて信号波形の圧縮に成功、NTTと東北大学

NTTの研究チームでは、このMEMS振動子の作製技術をベースにした「フォノニック結晶」と呼ばれる新しい「音の人工結晶」を作製し、それをプラットフォームに使用した超音波振動の伝搬を制御する技術の研究を進めてきた。フォノニック結晶を使うことで、超音波の分散制御が可能となり、これにより既存のMEMSで困難であっ ......

中高生129名が日本の最先端技術を五感で体験しながら、社会変革事業を企業へ提案!

準グランプリ:(エコスタイル)Rainbowチーム 「移動式ライブで楽しくエコ発電」 世の中で無駄になっているものを価値あるものに技術で還元するという考えから ライブで発する歓声と振動発電するという提案。 ライブハウス自体も太陽光発電で、1回のライブで得られる発電量を 2577KWと算出し、卒がなく説得力のある ......

映画と連動して振動するベストで臨場感MAX! 「超体感シネマ『マジジュマンジ』」

超体感シネマ「マジジュマンジ」は、ソニーが研究開発を進めている「ハプティクス技術(触覚提示技術)」を用いたベスト「ハプティクスベスト」を着用して映画を鑑賞する ... また、後ろから動物が忍び寄ってくるときは、背中に弱い振動が、実際に襲ってくると全身が震えるなど、シーンにマッチした震え方をするので、臨場感が増す。...

大阪大学情報科学研究科×天王寺動物園×ナレッジキャピタル 動物たちの自然行動を、リアルな振動で …

離れた場所にいる人と感覚を共有するための研究を行う大阪大学 伊藤雄一准教授(クリエイティブユニット/大学院情報科学研究科)が制作した体験型の展示で、傘の柄を握ると、目の前のモニターに写し出された降雨の感覚が、振動となって伝わってきます。 本装置は、革新的な活動を評価し、広く社会に発信することを目的 ......

世界初“振動付きベスト”でかつてない没入感を実現!「ジュマンジ」特別上映決定

ハプティックベストとは、ソニーが研究開発を進めているハプティクス技術(触覚提示技術)を用いた振動デバイスを搭載した特製のベスト。観客が装着することにより、これまでにない鑑賞体験を実現するものだという。既存の4DXやMX4Dでは、客席が振動する、風が吹くなどの効果によって没入感を高めていたが、ハプティック ......

映画『ジュマンジ』 リアルな触感・振動・衝撃を体感できる興行上映決定

ロック様”ことドウェイン・ジョンソンが主演する映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(4月6日公開)の日本公開に際し、ソニーが研究開発を進めている最先端のテクノロジーを用いた、リアルな触感・振動・衝撃が体感できる「ハプティックベスト」を着用する世界初(※ソニー調べ、2018年3月24日現在)の映画興行上映「 ......

ロボット義手の最新研究、腕が動く感覚を再現

同様の振動が義肢でも効果があるかどうかを確認するため、マラスコ氏のチームは6人の患者について実験を行った。彼らは、従来のロボット義手をコントロールできるように、切断された腕の神経を、近くの筋肉に分布させる手術をすでに受けている。(参考記事:「2010年1月号特集:脳とつながるハイテク義手」). 研究者たちは ......

関西大学、従来の100倍発電する摩擦発電を開発、靴に組み込み1歩でLED10個点灯

関西大学の2017年度版シーズ集では、谷教授による摩擦発電の技術が紹介されており、1)フレキシブルでウェアラブルな使用に適している、2)構造が簡単なため生産性も高い、3)大面積化で電力増が容易といった特徴が記載されています。 摩擦発電に近いものとして、これまでエレクトレットや圧電素子を用いた振動発電が ......

振動」で発電する鋼板 車や風力、水力に応用も

東北大学と東北特殊鋼は「振動発電」機能を持つ鋼板を共同開発したと2018年2月13日に発表した。微小な振動を利用するIoT(モノのインターネット)センサー用電源から、強靭(きょうじん)で衝撃に強い材質を生かして鉄道車両や自動車などの走行振動、風力・水力などを利用する大型のエネルギーハーベスティングへの応用 ......

スポンサーリンク
トップへ戻る