火力一覧

火力発電

【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(1): 米金利動向睨みつつ、徐々に回復

また、西鉄のベトナムでの公共交通ICカードの開発支援事業、日立のインド新幹線受注へ国営企業と技術提携(現地生産視野、実現すれば新幹線の海外生産は初)、IHI傘下の新潟トランシスのミャンマー国鉄 の気動車受注(丸紅と共同、約70億円)、三菱日立パワーシステムズのタイ超大型火力発電設備受注(ガスタービン・ ......

東電、再生エネ推進を加速 「火力事業に匹敵する規模」

東京電力ホールディングスの小早川智明社長は16日、東京都内で記者会見し、再生可能エネルギー分野の推進を加速させる方針を示した。中部電力と統合する火力発電事業に「匹敵する規模に育てていく」と語った。将来的に年間数千億円規模の利益を目指す。2018年度中に事業の詳細を検討する。 東電は昨春に策定した ......

火力発電統合で3000億円追加拠出

中部電力が、東京電力ホールディングスと折半出資で設立したJERA(ジェラ)に追加で3000億円規模の資金を拠出する方向で最終調整していることが16日、分かった。中部電と東電は火力発電事業をJERAに完全統合する。中部電は移管する資産の価値が東電より小さいため、現金で補いJERAでの立場を対等に保つ。...

再エネ事業を「火力と並ぶ柱に」 東電HD社長が表明

東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長は16日、太陽光や風力などの再生エネルギー事業を「火力発電事業に匹敵する柱とすべく強力に推進する」との考えを示した。原子力事業は先行きが不透明な上に賠償や廃炉の負担もあるため、1千億円規模の純利益を出せる主力事業に育てる。 東京都内で開いた記者 ......

東電HDの小早川智明社長「再生エネを燃料や火力発電に匹敵する柱に」 将来は利益1000億円目指す

東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長は16日の記者会見で、「(太陽光など)再生可能エネルギー事業を燃料・火力発電事業に匹敵する柱とすべく強力に推進する」と述べた。平成30年度中に参入する国内外の有望市場や事業形態などを決定。電力小売り全面自由化で競争が激しくなる中、事業領域を広げて ......

神鋼火力発電 住民ら221人、新たに公害調停の参加申し立て

神戸製鋼所の石炭火力発電所増設計画を巡り、大気汚染による健康被害や地球温暖化などを懸念する周辺地域の住民らが同社など3社を相手取り、増設差し止めなどを求めている公害調停で、新たに住民ら221人が16日、兵庫県公害審査会に調停参加を申し立てた。昨年12月に続く申請で、申し立てた住民らは計476人 ......

印タタ・パワーの10~12月純利益微減 再生エネは好調

タタ・パワーは2025年までに、再生エネルギーでの発電容量を全体の40%に引き上げ、さらに、再エネの発電容量を2000万キロワットに拡大する目標を掲げている。 再エネ推進の背景には、インドが石炭火力発電所への依存を減らそうとしていることがある。石炭火力発電は公害への懸念が広がっているが、同国での発電 ......

内航主要60社、貨物船・タンカーとも増加

気温が低温に推移したことや石炭火力発電所のトラブルにより輸送量が増加した。また、ハウス栽培向けのA重油の輸送も見られた。輸送量としては4月以来の前年同月比増加となった。 白油(ガソリン・灯油・軽油)は2%増。北日本や日本海側を中心に時化の影響は前年同月と比較して多く受けた一方で、厳しい寒さが続い ......

東電が再エネ強化の方針、社長「燃料・火力発電に匹敵する事業に」

[東京 16日 ロイター] - 東京電力ホールディングス<9501.T>の小早川智明社長は16日の記者会見で、国内外で再生可能エネルギーを強化する意向を表明した。「燃料・火力発電事業に匹敵する柱にすべく強力に推進する。導入コストも徐々に低減しており事業性も高まっている」などと強調。...

東電が再エネ強化の方針、社長「燃料・火力発電に匹敵する事業に」

東電が再エネ強化の方針、社長「燃料・火力発電に匹敵する事業に」 ... 再エネは世界で今後10年程度で約500兆円の投資があり、必要に応じて国内外のパートナーと組んで事業を進めたい」などと話した。 ... T>との燃料・火力共同事業の)JERAへの期待を含めても少し足りない」と語り、今後の成長性に期待感を示した。...

スポンサーリンク
トップへ戻る