核融合一覧

核融合発電

ミニ氷河期の前兆なのか?もうじき太陽の輝きが弱まる理由(米研究

もうじき太陽の輝きが弱まる理由(米研究) ... 活発な時期は、太陽のコアで起きる核融合が磁気ループを大気の高いところまで到達させる——こうして紫外線放射が増え、黒点とフレアも多く発生する。 逆に不 ... ところが最新の研究では、こうした太陽活動周期にはさらに大きな活動周期があるという証拠が突き止められている。...

イベント/自然科学研究機構 核融合科学研究

私たちの日々の生活において、「プラズマ」という言葉を耳にする機会がますます増えています。しかし、一口にプラズマと言っても、一億度以上の超高温のものから人間が触ることができるものまで多種多様です。 本シンポジウムでは、プラズマを理解し使いこなすことが、私たちの暮らしにどのように貢献するのかを、 ......

プラズマ損失の突発現象 核融研が前兆を解明

核融合発電の基礎研究を進める核融合科学研究所(岐阜県土岐市下石町、核融研)の居田克巳教授(60)らの共同研究グループは13日、プラズマの一部が失われる突発現象の前兆となる変化を世界で初めて解明したと発表した。突発現象を直前に予知することが可能となり、核融研はプラズマの高温・高密度化につながる ......

世界最大の頭脳集団「中国科学院」 共産党が強力に後押し、日本との勢いの差は歴然 垣間見える課題も

科学技術を軍事や経済の根幹と見据えて投資を惜しまず、現在の年間予算は1兆円とも言われる。 ... 各研究所を通じて多数の研究施設を運用しており、主なものとしては(1)最新鋭の超電導トカマク型核融合実験装置「EAST」(安徽省)(2)近隣の原子力発電所から発生する素粒子ニュートリノを調べる大亜湾ニュートリノ観測 ......

自然科学研究機構が5年一度のシステムリプレース – そのポイントとは

自然科学研究機構(NINS)は、平成16年4月の法人化により新たに発足した4つの大学共同利用機関法人の1つで、文部科学省の大学共同利用機関であった国立天文台、核融合科学研究所、基礎生物学研究所、生理学研究所、分子科学研究所の5つの研究所が連携し、天文学、物質科学、エネルギー科学、生命科学その他 ......

核融合科学研究所/National Institute for Fusion Science

大型ヘリカル装置(LHD)では磁場の力で高温のプラズマを閉じ込めています。プラズマは電子やイオン等の電気を帯びた粒子(荷電粒子)が多く集まってできており、この荷電粒子同士の衝突等の影響で、プラズマは少しずつLHDの中心から外側へと拡散していきます。そこで、磁場の形状を工夫することによって、プラズマを ......

脱北原子物理学者、強制送還後に自殺か

脱北したものの中国の公安に捕まって強制送還された北朝鮮の核融合研究者が、保衛部で拘束中に毒劇物で自殺したという。米国のラジオ放送「自由 ... 自殺した科学者は、平壌市恩情区域科学2洞に位置する国家科学院物理研究所で核融合分野を担当していた室長クラスの幹部だと伝えられている。 この科学者は、今年11 ......

韓国政府、原子力技術の中心軸を安全・解体と放射線活用に移動

科技情通部はこれに向けて、原発の安全・解体研究の強化や放射線技術などの活用拡大、研究炉と中小型原子炉の輸出支援の強化、核融合エネルギーなど ... して核心基盤技術と商用化技術など、原発の解体技術96種を2021年までに開発することを目指し、まず来年中に183億ウォン(約18億円)を投資することにした。...

スポンサーリンク
トップへ戻る