磁力一覧

磁力発電

多摩川精機、「非接触式」ブレーキ開発へ

多摩川精機(飯田市)は、民間航空機への搭載を目指して、磁力を使いタイヤを止める「非接触式」 ... 多摩川精機は、自動車や電車向けに開発が進む非接触式ブレーキに着目し、研究を開始。 ... 開発するブレーキは、いずれも磁力を利用した「磁性流体ブレーキ」と「渦電流ブレーキ」を ... 県、新たな水力発電所 年度内に設置…...

茨城)「磁石の不思議」中学生ら研究 研究者と共同成果

つくば市立谷田部中学校の環境科学部の部員らが、市内の物質・材料研究機構(物材研)が一般公開される22日、機構の研究員との研究成果を来場者に披露する。表と裏で磁力が違う不思議な磁石や、鉄粉から作る永久磁石を参加者と一緒に手作りし、磁石の不思議を体験する。最先端の研究機関が多いつくば市ならでは ......

アリババ傘下のアント、謎の高評価に要注意

中国の電子商取引最大手 アリババグループ 傘下のアントは、今週さまざまな投資家から90億ドル(約9600億円)を調達する見通しだ。評価額は桁外れの1500億ドルと、 ... アリババ・ブランドの磁力を踏まえると、個人投資家はアントの上場に際し、喜んで高値を支払う可能性がある。 だが、まだそうと決まったわけではない。...

科学が解明、渡り鳥たちの「驚異的方向感覚」のミステリー

クリプトクロムは植物も動物も持っているものだが、研究対象となった2種類の鳥たちは、クリプトクロムの中でも特にCry4によって地球の磁場を視覚化しているらしい。 地球の磁場を見ることができる ... を想定したビジュアルを公開した。鳥たちは空中に浮かぶ磁力のサインに向かって、正確な方向に飛んで行くのかもしれない。...

高温超伝導量子干渉素子(SQUID)を使用した坑井間電磁検層システムの開発を紹介した研究論文が …

本論文では、高温超伝導量子干渉素子(SQUID)磁力計を用いて、石油坑井内の深度3,000メートルの温度・圧力環境でも耐えられるSQUID磁力計システムを開発し、JOGMECの実験井(新潟県柏崎市)において深度約300メートルでの検層用磁気信号の受信に世界で初めて成功するとともに、約1,000メートル離れた送信機 ......

世界中から東京に人を集める「磁力」を生み出すために:「未来を作る。未来と出会う。」MATトークレポート

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)特任教授、レゾネア代表、米国法人Enhance Games CEO。 ... 一般社団になる目的としては、イヴェント自体を華やかにしたりすごい投資をつけたりというより、確実に広めていって海外から呼びたいメディアを呼んだり、海外の人を招待したりするにはチームを組んで安定させ ......

スポンサーリンク
トップへ戻る