地熱一覧

地熱

地熱から「CO2フリー水素」、大林組がニュージーランド企業と

大林組は2月14日、ニュージーランドTuaropaki Trust社との間で、地熱発電の電力を利用した「CO2フリー水素」の製造・流通の共同研究に関する覚書を締結したと発表した。将来的に国内外でCO2フリー水素関連事業に参画するためのノウハウを収集する。 これまで大林組は、2016年4月にニュージーランドの地熱調査 ......

「事業計画策定ガイドライン(地熱発電)改正案」に対する意見

できる限り、e-GOV(インターネット)上で回答フォームに入力し、提出をお願いいたします。 ※提出いただく意見については、一枚一意見とさせていただきます。 複数の意見がある場合は、複数枚に分けてご提出下さい。 また、なるべく完結に、1000字以内でお願いいたします。 図や絵などによる意見提出はお控えください。...

大林組、地熱発電×水素製造に参入 ニュージーランドで実証研究

大林組(東京都港区)は2月14日、ニュージーランドのTuaropaki Trust(トゥアロパキ・トラスト)社と、地熱電力を利用したCO2フリー水素の製造・流通の共同研究に関する覚書を締結したと発表した。 この共同研究は、トゥアロパキ・トラストグループの地熱発電を利用して年間100トン程度のCO2フリー水素を製造・貯蔵・運搬し、 ......

地熱資源 可能性探る 松江で研究者らシンポ

地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)を発生しない再生可能エネルギーの普及啓発に向けたシンポジウムが18日、松江市内であった。高い潜在能力がある同市の地熱資源を、発電にとどまらず、観光などに結びつけて普及につなげるなど、化石燃料や原子力に代わるエネルギーの可能性について、研究者らが意見 ......

予知できない火山噴火への対策 「知」蓄え想定外に備えよ 京都大教授・鎌田浩毅氏

それでは、普段の観測や噴火予知のための研究は「やっても仕方ない」と言われかねません。 最近、「外れ」が多い ... 火山の周辺はわき水の宝庫となり、地熱発電も注目されている。 私たち日本人は、多くの ... 火山観測で手いっぱいで、噴火予知に役立てるための基礎研究はほとんどできていない。AI(人工知能)への期待は ......

地域活性化、地熱発電事業に関する業務(日本初の取組みです。熊本県勤務)

地域活性化、地熱発電事業に関する業務(日本初の取組みです。熊本県勤務)の転職・求人情報 6893353。プロのコンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。年収800万円以上の高年収、管理職、スペシャリストの求人、非公開求人スカウトも多数。...

新規事業企画(地熱発電

CAREER CARVER(キャリアカーバー)はリクルートキャリアが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトです。ハイクラス・エグゼクティブの方にご満足いただくために、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録しています。...

地熱発電普及への貢献!新エネルギー財団より新エネ大賞最高ランクの「経済産業大臣賞」を受賞

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:月岡 隆、以下当社)の100%子会社である出光大分地熱株式会社(社長:竹中 照雄)の滝上バイナリー発電所が「ENEX2018 第42回地球環境とエネルギーの調和展」にて、一般財団法人新エネルギー財団より、平成29年度新エネ大賞の最高ランクとなる「経済産業大臣賞」を ......

Tuaropaki Trust社と地熱電力を利用したCO2フリー水素製造・流通の共同研究に関する覚書を締結 …

Tuaropaki Trust社と地熱電力を利用したCO2フリー水素製造・流通の共同研究に関する覚書を締結. ... 今回の共同研究は、Tuaropaki Trustグループから電力の安定的供給が見込めるニュージーランドにおいて、地熱発電を利用して年間100t程度(※2)のCO2フリー水素を製造・貯蔵・運搬すること、また、市場への流通経路 ......

大林組/地熱活用し水素製造/ニュージーランドで共同研究

大林組は、CO2の排出を伴わない水素製造の事業化に向け、地熱電力の活用検証に乗り出す。ニュージーランドで地熱発電を手がけるトゥアロパキ・トラスト社と2017年12月に共同研究の覚書を締結しており、同国で地熱を使った年間100tの水素製造を実証し、貯蔵や運搬も含めた事業全体のスキームの可能性を探る。...

スポンサーリンク
トップへ戻る