FIT法、バイオマスの調達価格や燃料区分が変更の可能性、入札制度の導入も視野に

11月21日、調達価格等算定委員会にて、認定量が急増している「一般木材等バイオマス発電」については、2018・2019年度の調達価格が変更される可能性や、入札制度の導入も視野に入れることが示されました。入札制度は2018年度から導入される可能性があり、対象となる設備規模は今後検討される予定です。

情報元 - FIT法、バイオマスの調達価格や燃料区分が変更の可能性、入札制度の導入も視野に|新電力ネット

FIT法、バイオマスの調達価格や燃料区分が変更の可能性、入札制度の導入も視野に|新電力ネット
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る