関電工が初の木質バイオ発電所/前橋に完成、6750キロワット

間伐材など有効利用 関電工は24日、群馬県前橋市で建設を進めてきた最大出力6750キロワットの前橋バイオマス発電所の完成披露式を開いた。群馬県内の未利用間伐材などを燃料に使って発電し、FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)を利用して東京電力に売電する。年間約12億~13億円の収入を見込む。

情報元 - https://www.denkishimbun.com/archives/27235

https://www.denkishimbun.com/archives/27235
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る