未知の分野開拓 原発事故機に廃炉ロボットの可能性追求 福島・広野町のエイブル

震災を機に、再生可能エネルギー事業にも力を注ぐようになった。来年には木質ペレットを燃料とした国内最大級のバイオマス発電所建設を開始、平成34年の稼働を目指す。出力は11万2千キロワットで、いわき市の全世帯分をまかなえる電力量に相当するという。また、ヤシの実(パーム)油を使った発電所は2020東京五輪 ...

情報元 - 未知の分野開拓 原発事故機に廃炉ロボットの可能性追求 福島・広野町のエイブル:イザ!

未知の分野開拓 原発事故機に廃炉ロボットの可能性追求 福島・広野町のエイブル:イザ!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る