和歌山初「木質バイオマス発電所」、上富田に6月着工 事業運営会社と調印

木材の端材や間伐材など未利用材を使って発電する「木質バイオマス発電所」が、県内で初めて上富田町に建設されることになり12日、同町の小出隆道町長と事業運営するグリーンサーマル和歌山の滝沢誠社長が公害防止協定に調印した。 木質バイオマス発電は、主に木材の端材や、山林などに放置されていた未利用材 ...

情報元 - 和歌山初「木質バイオマス発電所」、上富田に6月着工 事業運営会社と調印 - 産経ニュース

和歌山初「木質バイオマス発電所」、上富田に6月着工 事業運営会社と調印 - 産経ニュース
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る