参加者の17%が東電社員 17年6カ所

会合に謝礼を持ち掛けられた学生が参加した問題が昨年11月に発覚。主催者の原子力発電環境整備機構(NUMO)の職員が大手電力関係者に参加を呼び掛けるメールを送っていたことが判明した。機構がグループ会社に参加を要請していたと訴える内部告発もあり、東電はメールの記録を調べたり、社員にアンケートしたりし ......

関電と美浜町の住民が意見交換 原発新増設で要望目立つ

関西電力は20日、美浜原子力発電所が立地する福井県美浜町で住民らと意見交換する原子力懇談会を開いた。住民からは安全性確保を前提にした3号機の再稼働や、1、2号機の廃炉を踏まえたリプレース(新増設)の要望が出たという。 原子力懇談会であいさつする関西電力の岩根社長(福井県美浜町 · 画像の拡大....

東海第二、廃炉の可能性…審査の見通し立たず

11月末に運転可能期間の40年を迎える日本原子力発電の東海第二原子力発電所(茨城県、停止中)をめぐり、原子力規制委員会は20日、「(運転延長に必要な審査の手続きが)終わる見通しが立たない」との見解を明らかにした。 日本原電による資料の提出が遅れているためで、東海第二原発は時間切れで廃炉に追い込ま ......

スポンサーリンク

核ごみ住民会合、東電社員17%

営業拠点の一部では、グループ会社や協力会社に人数を指定して参加を呼び掛けていた。社員は建設推進に賛同する発言はしていないと説明している。 会合に謝礼を持ち掛けられた学生が参加した問題が昨年11月に発覚。主催者の原子力発電環境整備機構(NUMO)の職員が大手電力関係者に参加を呼び掛けるメールを ......

ヨコレイ/大田区京浜島に冷蔵物流センター竣工

屋上には太陽光発電(約436kW)システムを設置、庫内入出庫作業を省人化する「カーゴナビゲーションシステム」も取り入れ、「人」と「モノ」と「地球」にやさしい冷蔵倉庫を実現した、としている。 近年問題となっているトラック待機時間解消のため、トラック予約受付システム「Yokorei Truck Reserve System」を導入。国土交通省 ......

米下院で高速中性子炉の建設と低線量被ばく研究に関する法案通過

これらが成立すれば、原子力分野の研究者達は高速中性子の照射設備を有するロシアに頼らずに原子力発電所の性能改善で新たな方策を見出すことが可能になるとNEIは指摘。先進的な原子炉設計や燃料を開発する一助になるとした。また、低線量被ばくに関する国民の知識が向上し、科学的根拠に基づくコスト効果の高い ......

玄海原発3号機 核燃料装てん終了

九州電力・玄海原子力発電所3号機の原子炉に核燃料を入れる作業が20日終了しました。3月下旬にも原子炉を起動し、再稼働する見通しです。玄海原発3号機の原子炉に核燃料を入れる装てん作業は、今月16日から始まり、20日午前11時51分にすべての作業を終えました。3号機の核燃料は193体で、このうち使い終え ......

102歳自殺で賠償命令 原発事故、東電に1千万円超 「避難が引き金」福島地裁

東京電力福島第1原子力発電所事故による強制避難を前に精神的に追い詰められて自殺したとして、当時102歳だった福島県飯舘村の大久保文雄さんの遺族3人が、東電に計約6千万円の賠償を求めた訴訟の判決が20日、福島地裁であった。金沢秀樹裁判長は原発事故と自殺の因果関係を認め、東電に計1520万円の ......

米F16燃料タンク投下事故、15キロ北には核廃棄物再処理施設

しかし、福島第一原子力発電所ではその「万が一」が実際に発生した。元京都大学原子炉実験所の小出裕章氏はかつて、六ヶ所再処理工場の災害評価について記している。そのなかで、想定される事故として「三沢基地のF15戦闘機が強力な爆弾を搭載したまま使用済み燃料プールに墜ち、炎上、爆発」するケースをあげ、周囲 ......

村田製、寿命15年の太陽光蓄電池 旧ソニー事業活用

村田製作所は20日、太陽光発電向け蓄電システムで長寿命タイプの製品を開発したと発表した。2017年にソニーから買収した電池事業のバッテリーに、村田製の電力変換部品を組み合わせた初の製品。家庭用の太陽光電池で発電した電気をためるために使う。 リチウムイオン電池の素材にオリビン型リン酸鉄を採用すること ......

スポンサーリンク
トップへ戻る